質問・個別相談はこちらから

問題は解決できましたでしょうか?

残念ながら、相談内容は、あなたが現在置かれている状況によって全く異なります。その上、お家の現在の状況(住宅ローンは残っているか?名義は?など)によっても異なるため、個別に相談しなければ解決できないケースがほとんどです。

イクラが運営する「スマホの不動産屋さん」は、不動産会社に行かなければわからなかったことをLINEで相談できるサービスです。

スマホの不動産屋さんに
質問・相談する

お家の売却は「はじめて」という方が大半で、なにもわからないのが普通です。

こちらのサイトは、お家の売却についてわからないことを知ることができるQ&Aサイトで、実際にいただいた質問内容を掲載しています。

ご質問については、お家の売却は法律も絡んだ専門的な知識がいること、また、回答が適当であってはいけないため、専門家が「スマホの不動産屋さん」にてお答えさせていただいております。

もし、知りたいことがあればお気軽にご相談ください。無料&匿名で利用することができます。

スマホの不動産屋さんに
質問・相談する

特定居住用財産の買換えの特例とは何ですか?

特定居住用財産の買換えの特例について教えてください。

A答え

売却金額よりも購入金額が高かった時に課税分を繰り延べできます

マイホームを売った金額よりも新しく買換えたマイホームの方が高かった場合、将来その家を売却するまで課税分を繰り延べできる特例のことです。


繰り延べとは、いわゆる先送りであり、いま課税されなくても、将来売却した時には課税されることになるので注意が必要です。


非課税となるわけではないので金額上のメリットはありませんが、現在の負担を軽減できるというメリットがあります。


グラビス税理士法人代表。1986年和歌山生まれ。産業能率大学情報マネジメント学部卒業。
現職の前身である石川税理士事務所に入所後、多岐に渡る業種の税務に携わる。
2017年1月に税理士法人化、2018年4月に代表社員就任。
不動産オーナーに対する税務支援も多いが、宅地建物取引士の知識を活かして税務の視点だけに囚われない提案を行う。
主な資格は、税理士、宅地建物取引士、AFP、相続診断士など。

問題は解決しましたか?
個別相談も受付中です

このQAをシェア

関連するQA