質問・個別相談はこちらから

問題は解決できましたでしょうか?

残念ながら、相談内容は、あなたが現在置かれている状況によって全く異なります。その上、お家の現在の状況(住宅ローンは残っているか?名義は?など)によっても異なるため、個別に相談しなければ解決できないケースがほとんどです。

イクラが運営する「スマホの不動産屋さん」は、不動産会社に行かなければわからなかったことをLINEで相談できるサービスです。

スマホの不動産屋さんに
質問・相談する

お家の売却は「はじめて」という方が大半で、なにもわからないのが普通です。

こちらのサイトは、お家の売却についてわからないことを知ることができるQ&Aサイトで、実際にいただいた質問内容を掲載しています。

ご質問については、お家の売却は法律も絡んだ専門的な知識がいること、また、回答が適当であってはいけないため、専門家が「スマホの不動産屋さん」にてお答えさせていただいております。

もし、知りたいことがあればお気軽にご相談ください。無料&匿名で利用することができます。

スマホの不動産屋さんに
質問・相談する

借金があるのですが、せめて家だけは家族に残す方法はあるのでしょうか?

借金があるまま亡くなると、相続人にも引き継がれてしまうので、家だけは家族に残しておきたいです。
何かいい方法はないでしょうか?

A答え

「遺言」や「生前贈与」をすることで残すことができます

生前贈与や遺贈(遺言によって財産を分与すること)は、相続放棄とはまったく別の制度なので、贈与や遺贈を受けた相続人であっても借金を相続したくなければ相続放棄できます。


ただし、被相続人が全く無資力なのに、唯一の財産である自宅を生前贈与や遺贈によって譲り渡してしまったという場合には、債権者(貸している側)によってその行為が取り消される「詐害行為取消権」という制度があるので注意が必要です。


続きを読む

はつね司法書士事務所。関西学院大学法学部法律学科卒業。
奈良まほろば法律事務所に入社し、主に弁護士業務(一般民事、離婚、相続、企業法務、債務整理)などの書類作成に携わる。
司法書士資格取得後、不動産登記の専門家である司法書士の立場から、特に数少ない女性司法書士の目線で、不動産売買に関わる離婚や相続、債務整理などについてわかりやすく発信している。
主な資格は、司法書士など。

問題は解決しましたか?
個別相談も受付中です

このQAをシェア

関連するQA