質問・個別相談はこちらから

問題は解決できましたでしょうか?

残念ながら、相談内容は、あなたが現在置かれている状況によって全く異なります。その上、お家の現在の状況(住宅ローンは残っているか?名義は?など)によっても異なるため、個別に相談しなければ解決できないケースがほとんどです。

イクラが運営する「スマホの不動産屋さん」は、不動産会社に行かなければわからなかったことをLINEで相談できるサービスです。

スマホの不動産屋さんに
質問・相談する

お家の売却は「はじめて」という方が大半で、なにもわからないのが普通です。

こちらのサイトは、お家の売却についてわからないことを知ることができるQ&Aサイトで、実際にいただいた質問内容を掲載しています。

ご質問については、お家の売却は法律も絡んだ専門的な知識がいること、また、回答が適当であってはいけないため、専門家が「スマホの不動産屋さん」にてお答えさせていただいております。

もし、知りたいことがあればお気軽にご相談ください。無料&匿名で利用することができます。

スマホの不動産屋さんに
質問・相談する

土地の測量が必要なのはどんな場合ですか?

一戸建てや土地の売却で土地の測量が必要なのはどんな場合ですか?

必ず測量しなければならないのですか?

A答え

測量した年月が古く、地価が高い不動産の場合に必要です

法律上「土地を売却する際に測量すべき」という定めはありませんので、当事者が納得すれば、測量せずに土地を売ることも可能です。実際、過去には土地測量なしに取引が行われる事例も多数ありました。

しかし、最近では土地購入後の隣地所有者とのトラブルなどを避けるため、売却前に測量を行うケースが増えています。


特に、市街地(人家や商店・ビルなどが立ち並び、農地や自然のままの林・草原などが見られなくなった地域のこと)で所有者がひしめき合っている場所では、1㎡あたりの単価が高く、少しの誤差が大きな影響を及ぼすこと、隣地との境界争いが起こりやすいことから測量が行われるケースが多数です。


続きを読む

こざき土地家屋調査士事務所代表。1991年大阪府吹田市生まれ。中央工学校建築夜間部卒業。
高校卒業後不動産仲介・売買を3年間経験し、知識をつける為に建築夜間部に進学。
学校に通いながら土地家屋調査士事務所・建築測量事務所に4年勤務後独立し現在に至る。
不動産取引・建築設計・測量の幅広い知識と経験を活かし、不動産会社の気持ちがわかる土地家屋調査士として業務を行いながら、宅建士の講師としても活動中。
主な資格は、土地家屋調査士、宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP、測...

問題は解決しましたか?
個別相談も受付中です

このQAをシェア

関連するQA